スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

建築探訪 其の2

滋賀から京都へ移動して最初に訪れたのは
京都市の有形文化財に指定されている【駒井家住宅】。

408.jpg

京都帝国大学理学部教授であった駒井卓博士の住居として
昭和2年(1927)に建てられました。
設計者はウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880~1964)で
駒井家住宅はヴォーリズが円熟期を迎えたころの
住宅建築における代表作とされています。

409.jpg

771.jpg

外観は当時アメリカで流行していた
アメリカン・スパニッシュ様式を基調としていますが
屋根は切妻屋根の赤色桟瓦葺で
外壁面はモルタルのスタッコ仕上げ、
和風洋風の外観と和室の意匠を巧みに融合させています。

420.jpg 423.jpg

庭に猫がと思ったら飾りだったり随所に人が寛ぐ趣向が・・・

421.jpg 422.jpg

窓の曲線は温かみがあります。
他にも各部屋のドアには天然の水晶を用いた
ドアノブが取り付けられています。
このドアノブには水晶が無色透明と紫色の二種類があり
これは家族のプライベートな場所の場合は透明
そうではない、外やお客様も使う場所へ通じるものは紫色にして
色で判別がつくような配慮がされています。

こんな事からも分かる様に
ヴォーリズはあくまでその家に暮らす人が快適に過ごせること
何代も長くその空間に暮らせること
そちらの方を重視していました。
凝ったデザインや派手な装飾といったものを
施すことは望みませんでした。
ヴォーリズのこだわりは、周囲の環境とのバランスや
そこに暮らす人の満足に向いていたと言われています。

80年も経っている建築ですが
様々な人の想いが詰まっている・・・
住む場所から考えさせられる事柄って沢山あります。

沢山の想いを詰め込んで次の建築へ・・・



スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.26 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

«  | HOME |  »

プロフィール

nakagi

Author:nakagi
Adress: 山口県周南市
宮の前1-7-11
Telephone: 05010427815
E-mail: r_home3@ybb.ne.jp  

今週の営業日のお知らせです。

27日 12:00~
28日 12:00~
29日 12:00~18:30
30日 13:00~18:30
31日 13:00~18:30
4月
1日 13:00~18:30
2日 お休み
3日 お休み
4日 12:00~
5日 お休み
6日 21:30~
7日 お休み
8日 12:00~17:00
(ボクタチノフウケイ)










         

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。