スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

夢を描くという事

アメリカの美術館でよく見たフウケイ。
絵画の前でデッサンしている人、写真を撮っている人
子供に絵画についてワークショップをしている集団。
あぁ、この国はアートが身近に根付く仕組みがあって
羨ましいなと思ったのでした。

7月24、25日の2日間周南美術館にて光市にある遊工房で
レッスンを受けている子供たちの作品展があったので行って来ました。

2010072411010000.jpg 2010072410580000.jpg

正直に言って、
作品を観た瞬間すごく幸せな気持ちになれた。

すべての作品に夢があってその背景にちゃんと裏打ちされた努力の跡がある。
子供のアトリエレッスンって自由に絵を描かせるって事を
勘違いしている所は結構多いと思う。
思ったとおりに自由に描きなさい、、、、
これって自由でもなんでもないと自分は思っている。
自由に描くにはちゃんとした技術やそれを判断して感じれる感性が必要だと思う。
遊工房の作品の横には自分の似顔絵の横にどんな作品に憧れて
その作品からどんな気持ちを表現したかったか、
どんな描き方が難しかったかコメントが書いてあった。
シャガール、ポール・クレイ、ピカソ、ミロ、ゴッホ・・・・
子供たちはちゃんと自分で好きな絵を選んで鑑賞してそこから影響を受け、
そこに必要な技術を学んで描いていたのです。
幼稚園児から高校生まで年齢も様々だから完成度はそれぞれ違う、
でも確かにこの子供たちは明確なイメージを自分で判断してそれを
キャンパスに描いていた。
どんなジャンルの有名作家も憧れの作品を模写する事から
インスピレーションや技巧を育てる。
日本の光市の工房でちゃんとした事を伝えれる人達がいて
こんな子供達が育っているのに感動した。

2010072411010001_convert_20100724195330.jpg 2010072411050000_convert_20100724195417.jpg 2010072411050001_convert_20100724195553.jpg

日本もやるじゃないか。
そっと心で思って気持ちが幸せになった。

この子供たちの描く夢を見て欲しい、
きっと温かい気持ちになれます。




スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2010.07.24 | | Comments(0) | Trackback(0) | 心地よい午後を過ごせるお知らせ

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

nakagi

Author:nakagi
Adress: 山口県周南市
宮の前1-7-11
Telephone: 05010427815
E-mail: r_home3@ybb.ne.jp  

今週の営業日のお知らせです。

27日 12:00~
28日 12:00~
29日 12:00~18:30
30日 13:00~18:30
31日 13:00~18:30
4月
1日 13:00~18:30
2日 お休み
3日 お休み
4日 12:00~
5日 お休み
6日 21:30~
7日 お休み
8日 12:00~17:00
(ボクタチノフウケイ)










         

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。