スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

いつもそこに在るモノ

精巧な木彫作品で花や草を造り、空間の中に点在させ時間の流れを創造する。
須田悦弘は国内外で目覚しい活躍を続けている。

須田悦弘のコメントしていた事で印象的な言葉がいくつかある。

『つくられたもののみを見るということは不可能なんです。
 ものを見るときに周りの空間が目に入らないわけがない。
 ならば、その空間もより重要だと私は考えます。 』


日本人には空間の間というものが一番理解できる人種だと自分は思う。
茶道や弓道もそうだが余白、静けさなどそこに間が在るからこそ
存在感が増す事は日本では古くから多く、
そこに美を感じれる意識は日本人に昔から備わっているのだと考える。
須田悦弘の創り出す世界は精巧な木彫はもちろん素晴しいのだが
その何も無い空間がより大事なんだと思う。
余白・間の文化、、Rでもいつも考えているテーマのひとつである。

 須田

『大きな空間ではなく隙間とかを見て、
 こちらのほうが何かいい空間なのではないかと思いました。
 街の中の雑草に目が止まるのもちょうど同じような意識でした。』


須田悦弘の中に雑草を木彫で造りコンクリートの隙間に点在させている作品がある。
普段見落としてしまうような空間に新しくスポットをあてる作品、
それは推しつけたものでは無くそこにゆっくり
在る続ける事で何か心に芽生える意識の変化を促すものだと思う。
最近のアートで奇抜で大掛かりな作品をよく見る。
自分は日常的な場面の中でアートは生きていくのが大事だと考える。
特に日本でアートが生き残っていく為にはその意識は必要だと思う。
ふと見た空間の部分に存在していたとゆっくりアートを感じれる事、
そんな部分が須田悦弘の雑草にはある。
Rもこんな雑草のような存在になりたいと考える・・・

 須田2





スポンサーサイト

テーマ:雑貨 - ジャンル:趣味・実用

2008.10.20 | | Comments(0) | Trackback(0) | Rな午後

コメント

コメントの投稿


秘密にする

«  | HOME |  »

プロフィール

nakagi

Author:nakagi
Adress: 山口県周南市
宮の前1-7-11
Telephone: 05010427815
E-mail: r_home3@ybb.ne.jp  

今週の営業日のお知らせです。

27日 12:00~
28日 12:00~
29日 12:00~18:30
30日 13:00~18:30
31日 13:00~18:30
4月
1日 13:00~18:30
2日 お休み
3日 お休み
4日 12:00~
5日 お休み
6日 21:30~
7日 お休み
8日 12:00~17:00
(ボクタチノフウケイ)










         

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。