スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

今週の営業日のお知らせ

今週の営業日のお知らせです。

9月
1日 12:00~
2日 お休み
3日 21:30~
4日 21:30~
5日 お休み
6日 11:00~16:00
7日 12:00~
8日 13:00~18:30
9日 13:00~18:30
10日 13:00~18:30
11日 12:00~
12日 12:00~
13日 12:00~



スポンサーサイト

テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.30 | | Trackback(0) | 営業日のお知らせ

建築探訪 其の4

宿泊場所が町家。

これを聞いて楽しみにしていた。

2003年末に梶浦秀樹、根岸良子が
東洋文化研究者アレックス・カー氏と共に庵を設立した。
その目的は、美しい日本を次の世代へ残す事。

美しい日本の暮らしの文化が
様々な理由で日本の各地から急速に失われている。
緑の山肌はコンクリートに覆われ
趣のある街並みはマンションやビルへと変わっています。
そんな状況を憂い、
今ならまだできることがあると行動を起こした3人。
日本の文化を守り伝えるには、
多くの人が快適に感じ、楽しく学び、創造に参画できる
新しい技術と仕組みが必要と考え
古い町家の美しさはそのままに
現代の住まい手になじむ快適な工夫を加え
「住み続ける形」で残す事を行なっています。

498.jpg

この佇まい。
外観から期待が膨らみます・・・
中に入ると・・・

884.jpg

883.jpg 882.jpg

凄い・・・
町家の長所を残しながら大胆にリフォームがしてあり
空間としての快適度がかなり高い。
古い部分をどう活かしてあるか、
建築関係者の方々から聞く話しも面白いものでした。

山口県でも急速に古い建物が失われています。
今回の旅で関係者から古い建築を残す難しさを学び
そして新たなモデルを創造している現場を体験できたのは
素晴らしい出来事でした。
何を残していくか・・・
考えて行動しなければと考えさせられました。

静かな京都の町家。
そんな空間でみんなで談笑しながらの時間は
和やかな1日の締め括りに・・・
京都では町家宿泊をお勧めしたいと思います。



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.29 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

建築探訪 其の3

次に訪れたのは特別公開されていた【建仁寺塔頭 正伝永源院】。

元々は永源庵と正伝院の2つの寺だった永源庵は
南北朝時代の創建で、細川家の菩提寺でした。
明治時代に廃仏毀釈で永源庵が廃寺になりますが
お堂は残っていた事もあり
正伝院が永源庵跡に移転しました。
寺の名前は「正伝院」となっていましたが
その時の権力者が永源庵を菩提寺にする
細川家の人だったので永源庵の名前は残さないと
という話しになり正伝永源院と呼ぶようになっています。

また、正伝永源院は建仁寺の塔頭寺院で
有名な戦国武将・織田信長の弟である
織田有楽斎(長益)にゆかりがあるお寺です。
織田有楽斎は信長の死後に
千利休に弟子入りして茶の道に進みます。
荒れ果てていた正伝院を再興させて
晩年は茶道三昧の生活を送っていました。

880.jpg

ここでの見所のひとつは
庭の片隅にある茶室で織田有楽斎が
完成させた国宝の如庵の写し。
国宝の如庵には入れませんが写しである
ここは中に入れるのが魅力なのです。
この小さな空間だからこその間、
ゆるやかに季節を感じることが出来る。
写しとはいえ充分にその存在感は感じれました。

あと、自分が印象に残ったのは襖絵。

881.jpg

狩野山楽筆の「蓮鷺図」。

客殿「室中の間」の北側・東側・西側の16面の襖絵で
金地に緑青で蓮の葉が描かれ
蓮池に群生する白蓮の花や双頭蓮が描かれている。
蓮の花は蕾から満開になり
枯れ落ちるまでの移り変わりが描かれている。
これは人の一生を表しているのですと説明を受け
16面の襖絵が妙に生々しく感じた・・・
四季の様に移り変わる人の一生、
人生は儚いのです。



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.28 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

建築探訪 其の2

滋賀から京都へ移動して最初に訪れたのは
京都市の有形文化財に指定されている【駒井家住宅】。

408.jpg

京都帝国大学理学部教授であった駒井卓博士の住居として
昭和2年(1927)に建てられました。
設計者はウィリアム・メレル・ヴォーリズ(1880~1964)で
駒井家住宅はヴォーリズが円熟期を迎えたころの
住宅建築における代表作とされています。

409.jpg

771.jpg

外観は当時アメリカで流行していた
アメリカン・スパニッシュ様式を基調としていますが
屋根は切妻屋根の赤色桟瓦葺で
外壁面はモルタルのスタッコ仕上げ、
和風洋風の外観と和室の意匠を巧みに融合させています。

420.jpg 423.jpg

庭に猫がと思ったら飾りだったり随所に人が寛ぐ趣向が・・・

421.jpg 422.jpg

窓の曲線は温かみがあります。
他にも各部屋のドアには天然の水晶を用いた
ドアノブが取り付けられています。
このドアノブには水晶が無色透明と紫色の二種類があり
これは家族のプライベートな場所の場合は透明
そうではない、外やお客様も使う場所へ通じるものは紫色にして
色で判別がつくような配慮がされています。

こんな事からも分かる様に
ヴォーリズはあくまでその家に暮らす人が快適に過ごせること
何代も長くその空間に暮らせること
そちらの方を重視していました。
凝ったデザインや派手な装飾といったものを
施すことは望みませんでした。
ヴォーリズのこだわりは、周囲の環境とのバランスや
そこに暮らす人の満足に向いていたと言われています。

80年も経っている建築ですが
様々な人の想いが詰まっている・・・
住む場所から考えさせられる事柄って沢山あります。

沢山の想いを詰め込んで次の建築へ・・・



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.26 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

建築探訪 其の1

住まいづくりの会と建築士会が開催している
見学会に3月参加してきたお話しをしたいと思います。

様々な視点で時代を継承する建築を見る事により
これからの建築デザインの方向を探るという
コンセプトで毎年企画されている見学会。
今年は京都や滋賀への旅となりました。

AM4:00に集合・・・外は真っ暗です。
眠気と期待で胸を膨らませ
バスに乗り込み最初の目的地滋賀県の【佐川美術館】へ。
バスの中は設計士に大工、左官と建築に携わる方ばかり、
勿論バスの中での話題の中心は建築。
自分の知らない知識の詰まった濃密な時間なのです。

さてバスは高速道路をひた走り、走り、走って・・・
AM10:30滋賀県にある【佐川美術館】に到着。

降りて最初に絶句するのは壮大な山々に囲まれた景色の中に
騒然と建つ美術館の外観でした。

772.jpg

抜けるような空の広さに凜と建っています。
この佐川美術館は佐川急便株式会社が創業40周年記念事業として、
琵琶湖を望む美しい自然に囲まれた近江・守山の地に
1998年開館しました。

日本画家の平山郁夫、彫刻家の佐藤忠良
を中心としたコレクションの中でも
陶芸家の樂吉左衞門の作品は溜め息の出る様な展示でした。

774.jpg

そしてメインになる15代樂吉佐衛門自らが作品と茶の湯空間を
「守破離」をコンセプトに設計創案・監修した場所へ。
ここは美術館としては珍しい水庭に埋設された地下展示室と
水庭に浮かぶように建設された茶室の2つで構成されています。

773.jpg

im_photo03.jpg

茶室の空間。

茶室という伝統的な規格を守りながら
自然を取り入れ感じさせる新しい茶室の形でした。

最初の建築から満足度はお腹いっぱい・・・
大興奮の時間を過ごし
2日間持つだろうかと心配になりながら次は京都に・・・





テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.18 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

新しい扉を開けて

福谷貞夫さん。

7月31日付けで山口放送を退社されて
8月1日から新しいスタートを切られました。

8月から夢に向かって新しい扉を開けて
東京で挑戦されてます。

なんと最初の仕事の番組が
J SPORTSの「Foot!」。
実はこの番組を好きでよく視聴している自分。
こんな素敵な番組に出るなんてすごいです。

9873.jpg

福谷さんとの出会いはもう10年以上も前。
よく一緒にお酒を飲んで夢を語っていました。

自分は「お店をやりたいっ」
福谷さんは「オリンピックの中継をしたいっ」

10年以上をかけて積み重ねて彼は1歩踏み出します。
不安だらけだと素直に言う姿、
今の背中をしっかり見ていてあげたいと思う。
そして変わらず応援したいと思う。
山口から全国へ・・・
それだけで誇らしく感じる。



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.13 | | Comments(0) | Trackback(0) | 友人達の素顔

今週の営業日のお知らせ

今週の営業日のお知らせです。

12日 12:00~
13日 12:00~
14日 12:00~
15日 12:00~18:30
16日 13:00~18:30
17日 お休み
18日 12:00~
19日 12:00~
20日 12:00~
21日 お休み
22日 21:30~
23日 お休み
24日 お休み
25日 12:00~
26日 12:00~
27日 12:00~18:30
28日 13:00~18:30
29日 13:00~18:30
30日 12:00~
(韓国講座)
31日 12:00~



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.10 | | Comments(0) | Trackback(0) | 営業日のお知らせ

平和の鐘が鳴る日

8月6日。
今日は平和の鐘が鳴る日。

それぞれの心でいろいろ考える日になれば・・・
忘れず積み重ねる事だと思う。

先日ホームステイの韓国の高校生と広島へ出掛けて
最後に原爆ドームに立ち寄った。
2人の高校生は神妙な顔をしてそこで立ち尽くしていた。
その夜での徳山大学での送別会で今回のホームステイで
どこが一番心に残ったのか聞くと
原爆ドームと答えたのが印象的だった。

ジョン~1

ちょうど自分たちが原爆ドームに行った日に
オノ・ヨーコも立ち寄っていたと後で聞いた。
彼女は今年第8回ヒロシマ賞を受賞した。
ヒロシマ賞とは
現代美術の分野で人類の平和に貢献した作家の業績を顕彰し
世界の恒久平和を希求する「ヒロシマの心」を
現代美術を通して広く世界へとアピールすることを目的としている。
原爆ドームにはその授賞式のタイミングで来ていた様だ。

合わせて広島現代美術館にて
第8回ヒロシマ賞受賞記念 オノ・ヨーコ展
 希望の路 YOKO ONO 2011
2011年7月30日(土)~10月16日(日)
が開催されている。

人類がその歴史のなかで体験した最大の悲劇のひとつとされる
ヒロシマとナガサキでの事実。
そして多くの人々が命を落とした先の東日本大震災。
平和を考える・・・
深く深く・・・







テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2011.08.06 | | Comments(0) | Trackback(0) | Rな午後

«  | HOME |  »

プロフィール

nakagi

Author:nakagi
Adress: 山口県周南市
宮の前1-7-11
Telephone: 05010427815
E-mail: r_home3@ybb.ne.jp  

今週の営業日のお知らせです。

27日 12:00~
28日 12:00~
29日 12:00~18:30
30日 13:00~18:30
31日 13:00~18:30
4月
1日 13:00~18:30
2日 お休み
3日 お休み
4日 12:00~
5日 お休み
6日 21:30~
7日 お休み
8日 12:00~17:00
(ボクタチノフウケイ)










         

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。