スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

台湾で出会えたモノ⑤

台湾の観光といえば国立故宮博物院や中正紀念堂、
台北101もあるが自分は九份がお気に入りでした。

その昔、九份は台湾の一寒村に過ぎなかったが、
19世紀末に金の採掘が開始されたことに伴い徐々に町が発展し
日本統治時代にその最盛期を迎えた。
九份の街並みは日本統治時代の面影を色濃くとどめていて
当時の酒家(料理店)などの建物が多数残されている。
しかし第二次世界大戦後に金の採掘量が減り
1971年に金鉱が閉山されてから町は急速に衰退し
一時人々から忘れ去られた存在となっていた。

それから1989年、それまでタブー視されてきた
二・二八事件を正面から取り上げ
台湾で空前のヒットとなった映画
「悲情城市(A City of Sadness)」(侯孝賢監督)
のロケ地となったことで九份は再び脚光を浴びるようになる。

現在では街路にレトロ調の喫茶店や茶藝館、
みやげ物屋などが建ち並び、
週末には台北などから訪れる多くの人々で賑わっている。

P1160080_convert_20120215170806.jpg

P1160083_convert_20120215171121.jpg

茶藝館では
本格的な台湾茶が楽しめます。

P1160070_convert_20120215170052.jpg

P1160067_convert_20120215174108.jpg

P1160071_convert_20120215170245.jpg

自分は夜の九份に行ったのだが
ノスタルジックな空気はここでしか無いものでした。

ぼっとした時間をここではおすすめします。



スポンサーサイト

2012.02.15 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

台湾で出会えたモノ④

台湾にある大型書店【誠品書店】は24時間営業している店舗もあり
人の流れが絶えない本屋だ。

P1180139_convert_20120131163443.jpg

ファッションフロアやセレクト雑貨、カフェなどが
集まっていてここから文化が育っているって熱がある。

本の種類は世界の本が並び、
翻訳されていない日本の雑誌や専門書などが
沢山あってここだけで世界の様々な情報が発進されている。

台湾の書店の特徴は座り読みがOKな事。

様々な年代の人が好きな格好で本のある時間を楽しんでいる空気は
何だか自由で素敵な空間でした。
専門書をを抱えて体育座りで考え込んでいる男性や
日本の雑誌をあぐらをかきながら読んでいる女性・・・
それぞれの視点で真剣に本と向き合っているのかな?

書店で座り読み。
日本では出来ない事ですのでやってみるとちょっとした罪悪感と
恥ずかしさがあるのですが自身の視点が変わって楽しい。

勇気を出して座り読み・・・
台湾でおすすめします。



テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2012.01.31 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

台湾で出会えたモノ③

台湾には毎夜、地元の人も観光客も大勢が集まるお祭りの様に
賑やかな夜市というのが地域ごとに特色を変えてある。

いくつかの夜市に行ったのだが
台北最大の夜市である士林夜市を紹介しようと思う。

範囲は広大で街全体に洋服店や雑貨屋、食べ物の屋台も沢山ある。

P1150044_convert_20120126220139.jpg

P1150034_convert_20120126215908.jpg

人の賑わいがすごい・・・
屋台はそれぞれ違って面白い。
いろんな匂いと音が入り混じる・・・

P1150042_convert_20120126220607.jpg

時間をかけてじっくり遊ぶと良いかもしれない。
自分は路面店の奥におばあちゃんがひっそりやっている金物屋を発見。
何から何まで面白いものたくさんでしたよ。
ほとんどの夜市は夕方から深夜1時までやってます。

P1150051_convert_20120126220334.jpg P1150054_convert_20120126220451.jpg

台湾は賭け事が禁止されている国なのです。
その代わりなのか夜市には輪投げや風船を割るダーツゲームなどが沢山あり
大人も子供も一緒になって景品を狙ってゲームをしている。
何とも微笑ましい光景がここにはある。

P1150046_convert_20120126220711.jpg

カラフルで楽しい時間。
こんな夜市が毎日いたるところである。
アジアの国々に行くといつも思うみんないつ寝ているんだ?
おじいちゃんや子供まで深夜まで普通にいるのである。
この元気さは見習わないといけないなと感じる・・・

よく遊んでよく仕事をする。
生きる基本かもしれない。


テーマ:雑貨 - ジャンル:ライフ

2012.01.26 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

台湾で出会えたモノ②

台北の永康街という街がとても魅力的だった。

古い街並みに路地がいくつも分かれているが
それぞれにカフェや雑貨や洋服などのショップが
静かに点在して街に溶け込んでいる。

P1150025_convert_20120125215447.jpg

緑が沢山ある・・・
オープンカフェは温暖な台湾では1年中気持ち良く
過ごせるそう。

P1150019_convert_20120125215017.jpg

中心にある永康公園はみんなの憩いの場になってました。
素敵な公園・・・

P1150022_convert_20120125215139.jpg

永康街の先には骨董街があります。
上の写真の場所はビル全体が骨董屋。
日本統治時代のものが沢山あります。
ちょっと怪しいおじさんが多いので注意ですが・・・

P1150023_convert_20120125215330.jpg

永康街が台北の中では今回行った中で
1番好きな空気だったなぁ・・・
ふらふら歩くにはおすすめです。




テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2012.01.25 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

台湾で出会えたモノ①

台湾に出掛けた。

空港から降り立つとそこはまさしくアジアだった。
高層ビルの間には人々の生活がダイレクトに伝わる空気がある。
道は車とバイクと人で溢れている。

この熱気に無性に期待感が募る・・・

P1150013_convert_20120121170022.jpg

台湾の中の台北市内は新しいモノと古いモノが混在している。
古い建物には窓やベランダに様々なデザインの鉄柵があり
そこから覗く草木が自然に街の雰囲気を創っている様だ。

P1150016_convert_20120121170739.jpg

しかし台北市内はバイクが多い。
しかも交通ルールは笑えるほど曖昧だ。
ぼっとしていると轢かれる事は間違いない・・・
って事は自分は気をつけないと危ないのです。

P1150027_convert_20120121172330.jpg

警察署の前には綺麗に並んだ警察のバイクたちが。
何だか壮観だけど警察官がスクーターでと考えると微笑ましい。
道で見かけるバイクは2人乗りはあたり前で
見た中で1番多いのは4人乗りをしていた・・・
しかし、現地の人に驚いたと話すと規則は2人までだが
警察官は3,4人は見てみぬふりをするらしく
そこが台湾人の人情なんだと力説された。
危ないんだが微笑ましく感じるお話しでした。
しかし台湾人は7人乗りも出来ると言うのだ。
嘘でしょ・・・と困惑する・・・
子供を前に乗せ運転手の旦那さん、奥さんとの間に子供がもう1人で
奥さんが背中に子供をおんぶして・・・
奥さんのお腹の中に双子がいたそうな・・・
なんやそら(笑)

P1150021_convert_20120121170916.jpg

日本ではないのであまり奥まで入ると危ないですが
路地が面白い感じだ。

P1150017_convert_20120121170606.jpg

自分は
台湾の魅力に一瞬で惹きこまれた・・・


テーマ:日々の暮らし - ジャンル:ライフ

2012.01.21 | | Trackback(0) | ふらっと出かけて来ました。

«  | HOME |  »

プロフィール

nakagi

Author:nakagi
Adress: 山口県周南市
宮の前1-7-11
Telephone: 05010427815
E-mail: r_home3@ybb.ne.jp  

今週の営業日のお知らせです。

27日 12:00~
28日 12:00~
29日 12:00~18:30
30日 13:00~18:30
31日 13:00~18:30
4月
1日 13:00~18:30
2日 お休み
3日 お休み
4日 12:00~
5日 お休み
6日 21:30~
7日 お休み
8日 12:00~17:00
(ボクタチノフウケイ)










         

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。